業務のご案内・お問い合せ地域窓口(地域産業保健センター)研修会・セミナーのご案内講師派遣窓口相談・実地相談(要予約)
メンタルヘルス対策ストレスチェック制度治療と職業生活の両立支援教材の貸出し調査研究各種利用申込み
産業保健情報物品等契約情報よくある相談関係機関等リンクメールマガジンの登録サイトポリシー

トップページ > よくある相談 > たばこ対策等について

たばこ対策等について


Q. 職場の「受動喫煙防止対策」を始めたいのですが、どのようにすれば良いですか。
 
A.
 労働安全衛生法が改正され、平成27年6月1日から職場の「受動喫煙防止対策」が事業者の努力義務となりました。
 労働者の健康の保持増進の観点から、事業者は、労働者の受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するため、事業者・事業場の実情に応じた適切な措置を講ずるよう努めることとされています。
 具体的には、事業者において、事業場の実情を把握・分析し、その結果等を踏まえ、実施することが可能な受動喫煙防止のための措置のうち、最も効果的なものを講ずるよう努めるものとするとされています。
  詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。
  厚生労働省ホームページ。