業務のご案内・お問い合せ地域窓口(地域産業保健センター)研修会・セミナーのご案内講師派遣窓口相談・実地相談(要予約)
メンタルヘルス対策ストレスチェック制度治療と職業生活の両立支援教材の貸出し調査研究各種利用申込み
産業保健情報物品等契約情報よくある相談関係機関等リンクメールマガジンの登録サイトポリシー

トップページ > よくある相談 > 健康診断について

健康診断について


Q. 産業医をしています。
健診の個人票に、「医師の意見」欄があるが、何を書けば良いのでしょうか?

 
A.
その労働者の就業時間、形態、作業環境、作業の内容などを勘案して、就業上の措置について記入してください。
(例:「就業に支障なし」、「残業は不可」など)



Q. パート労働者についても、健康診断を実施しなければならないのでしょうか?
 
A.
パート労働者であっても、常時使用するパート労働者であって、
週の労働時間が通常の労働者の四分の三以上の方は、法的に健康診断を実施する義務があります。
また、通常の労働者の二分の一以上(四分の三未満)の勤務の場合も、実施することが望ましいでしょう。
 
(参考:「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」第八条の指針)
 



Q. 平成27年の全国の定期健康診断有所見者数、有所見率を教えてください。
 
A.
有所見者数は、全国で約722万人、
有所見率は、53.6%でした。

なお、島根県の場合は、有所見者数は、34,011人、
有所見率は、55.7%でした。