業務のご案内・お問い合せ地域窓口(地域産業保健センター)研修会・セミナーのご案内講師派遣窓口相談・実地相談(要予約)
メンタルヘルス対策ストレスチェック制度治療と職業生活の両立支援教材の貸出し調査研究各種利用申込み
産業保健情報物品等契約情報よくある相談関係機関等リンクメールマガジンの登録サイトポリシー

トップページ > 研修会・セミナーのご案内 > 2020年度 産業医学研修会

2020年度 産業医学研修会


研修会参加のお申込は以下の参加したい研修の番号をメモ(またはこのページをプリントアウト)してから、こちらへどうぞ。

確認の後、折り返しFAXで「研修受講票」を送付いたします。
参加費は無料です。

 
〜お知らせ〜

22年度から当センターでは産業医学研修のうち基礎研修は開催できないことになりました。

なお、生涯研修は引き続き実施しますので、これまでと同様ご利用を願います。

研修当日、産業医の先生はお名前の確認できるもの(産業医手帳・受講票等)の提示をお願いいたします。

 

2020年度産業医学研修会
  (産業医等を対象)

番号
日時
場所
研修テーマ
講師
内容
単位

27


終了


12月5日(土)
14:00〜16:00
松江テルサ
【松江市】
コロナ禍における職場環境とメンタルヘルス対策 春木 宥子
産業保健相談員
 現在、新型コロナウイルス感染症の影響によるストレスの増加やメンタルヘルス不調者は数多く発生しており、個人の問題のみならず組織の問題でもあると考える。
 企業もテレワーク・在宅勤務・勤務時間や出勤時間の変更、また、自粛解除により通常勤務体制へ戻るなど事業場においても大きく職場環境が変化している。
 そのような中、健康経営を維持・向上していくために職場環境変化への対応とメンタルヘルス対策等について解説する。
(生涯研修)
専門2単位

28

終了
12月12日(土)
14:00〜16:00
朱鷺会館
【出雲市】
産業医・産業保健関係者による快適な職場環境づくり等 田中 誠
産業保健相談員
 事業所の快適な職場環境づくりは、経営の重要課題ですが、安全に比べ衛生(保健)は後追いになりがちであり、労働衛生、産業保健の範囲は広く、一つひとつの内容が専門的で深いことも影響している。
 産業医、産業保健担当者として職場環境改善への提言や取り組みなどについて解説する。
(生涯研修)
専門2単位

29

終了
12月17日(木)
14:00〜16:00
いわみーる
【浜田市】
健康診断事後措置の重要性と健康づくり 磯村 実
産業保健相談員
 職域検診の意義はその結果に基づいて、事業者が適切な措置を講ずることにより、労働者が健康を確保しながら就業できるようにすることであり、検診後の対応や応用が大切である。本研修は検診後の事後措置にはじまり、各職種の担当者を巻き込み職場全体の健康づくりに展開するまでについて、理解を深めることを目的とする。 (生涯研修)
専門2単位

30

終了
12月24日(木)
14:00〜16:00
労働会館
【松江市】
産業医のメンタルヘルス対策への相談対応と関わり 塩飽 邦憲
産業保健相談員

 メンタルヘルス対策への産業医の関わりは、個人的アプローチ(従業員への相談対応、過重労働対策、休業者の職場復帰支援など)と集団的アプローチ(メンタルヘルス教育ストレスチェックによる職業性ストレス要因の評価、職場環境の改善など)がある。
  以前は、個人的アプローチが主でしたが、集団的アプローチの重きが増している。さらに、職場のメンタルヘルスケアが”産業医に一任”ではなく、”職場が中心となり率先して取り組むべき活動”として認知されるようになった。産業医の役割も、従業員に対して面談や治療の勧奨など陣頭に立ってストレス対策に取り組むこと以上に、専門的立場からの助言・指導により職場を側面支援することが求められる。
(生涯研修)
専門2単位

31

中止

1月9日 (土)
14:00〜16:00
いわみーる
【浜田市】
コロナ禍における職場環境とメンタルヘルス対策 春木 宥子
産業保健相談員
 現在、新型コロナウイルス感染症の影響によるストレスの増加やメンタルヘルス不調者は数多く発生しており、個人の問題のみならず組織の問題でもあると考える。
 企業もテレワーク・在宅勤務・勤務時間や出勤時間の変更、また、自粛解除により通常勤務体制へ戻るなど事業場においても大きく職場環境が変化している。
 そのような中、健康経営を維持・向上していくために職場環境変化への対応とメンタルヘルス対策等について解説する。
(生涯研修)
専門2単位

32

終了

1月14日(木)
14:00〜16:00
労働会館
【松江市】
健康診断事後措置の重要性と健康づくり 磯村 実
産業保健相談員
 職域検診の意義はその結果に基づいて、事業者が適切な措置を講ずることにより、労働者が健康を確保しながら就業できるようにすることであり、検診後の対応や応用が大切である。本研修は検診後の事後措置にはじまり、各職種の担当者を巻き込み職場全体の健康づくりに展開するまでについて、理解を深めることを目的とする。
(生涯研修)
専門2単位

33

終了

1月21日(木)
14:00〜16:00
出雲市民会館
【出雲市】
産業医のメンタルヘルス対策への相談対応と関わり 塩飽 邦憲
産業保健相談員
 メンタルヘルス対策への産業医の関わりは、個人的アプローチ(従業員への相談対応、過重労働対策、休業者の職場復帰支援など)と集団的アプローチ(メンタルヘルス教育ストレスチェックによる職業性ストレス要因の評価、職場環境の改善など)がある。
 以前は、個人的アプローチが主でしたが、集団的アプローチの重きが増している。さらに、職場のメンタルヘルスケアが”産業医に一任”ではなく、”職場が中心となり率先して取り組むべき活動”として認知されるようになった。産業医の役割も、従業員に対して面談や治療の勧奨など陣頭に立ってストレス対策に取り組むこと以上に、専門的立場からの助言・指導により職場を側面支援することが求められる。
(生涯研修)
専門2単位

34

受付
終了

1月30日(土)
14:00〜16:00
松江テルサ
【松江市】
産業医・産業保健関係者による快適 な職場環境づくり等 田中 誠
産業保健相談員
 事業所の快適な職場環境づくりは、経営の重要課題ですが、安全に比べ衛生(保健)は後追いになりがちであり、労働衛生、産業保健の範囲は広く、一つひとつの内容が専門的で深いことも影響している。
 産業医、産業保健担当者として職場環境改善への提言や取り組みなどについて解説する。
(生涯研修)
専門2単位

 

※当センターの研修会は日本医師会認定産業医制度における生涯研修のみの指定申請を予定しています。

※研修会当日、産業医の先生はお名前の確認できるもの(産業医手帳・受講票等)の提示をお願いいたします。

※研修会場では他のイベントと重なり駐車場が利用できないことがありますので、ご了承ください。