業務のご案内・お問い合せ地域窓口(地域産業保健センター)研修会・セミナーのご案内講師派遣窓口相談・実地相談(要予約)
メンタルヘルス対策ストレスチェック制度治療と職業生活の両立支援教材の貸出し調査研究各種利用申込み
産業保健情報物品等契約情報よくある相談関係機関等リンクメールマガジンの登録サイトポリシー

トップページ > 研修会・セミナーのご案内 > 2019年度 産業医学研修会

2019年度 産業医学研修会


研修会参加のお申込は以下の参加したい研修の番号をメモ(またはこのページをプリントアウト)してから、こちらへどうぞ。

確認の後、折り返しFAXで「研修受講票」を送付いたします。
参加費は無料です。

 
〜お知らせ〜

22年度から当センターでは産業医学研修のうち基礎研修は開催できないことになりました。

なお、生涯研修は引き続き実施しますので、これまでと同様ご利用を願います。

研修当日、産業医の先生はお名前の確認できるもの(産業医手帳・受講票等)の提示をお願いいたします。

 

2019年度産業医学研修会
  (産業医等を対象)

番号
日時
場所
研修テーマ
講師
内容
単位

19

終了

10月5日(土)

14:00〜16:00

いわみーる

【浜田市】

障害者雇用と職場の安全配慮義務

吉積 宏治

産業保健相談員

 障害のある人が障害のない人と同様その能力と適性に応じた雇用の場に就き、地域で自立した生活を送ることができるような就業環境のためには、産業医・産業保健スタッフとしてどのようなことに注目していくべきか。

 障害者が職場に適応し、有する能力を十分に発揮できるよう、一緒に働く上司や同僚に、障害の特性と配慮事項を理解してもらえるような意識啓発や、合理的配慮について言及していきます。

(生涯研修)

専門2単位

20

終了

10月12日(土)

14:00〜16:00

出雲市民会館

【出雲市】

働く人の腰痛予防と治療

長野 真久

産業保健相談員

 腰痛に対して自己判断でジムやフィットネスに通い、かえって腰痛を悪化させてしまうことがあります。また、TVや雑誌などで様々な運動療法や民間療法が紹介されており、いったいどれが正しいのか混沌としています。

 皆様に正しい判断基準をもっていただくために解説する。

(生涯研修)

専門2単位

21

終了

10月26日(土)

14:00〜16:00

労働会館

【松江市】

過重労働と健康障害防止

塩飽 邦憲

産業保健相談員

 過重労働の健康リスクについては、主に時間軸と負担度で考えられ、循環器疾患およびメンタルヘルス不全への影響が知られている。

 日本を代表する大企業において過重労働対策が不十分であったことが明らかになり、過重労働対策の強化が大きな課題となっている。

 そこで、過重労働とその生体反応であるストレスの両側面について対策を述べる。

(生涯研修)

専門2単位

24

終了

11月14日(木)

14:00〜16:00

労働会館

【松江市】

化学物質の基礎知識とコントロールバンディングによる管理

山ア 雅之

産業保健相談員

 化学物質の健康有害性についての簡易なリスクアセスメント手法として、「コントロール・バンディング」があります。これは、ILO(国際労働機関)が、有害性のある化学物質から労働者の健康を保護するために、簡単で実用的なリスクアセスメント手法を取り入れて開発した手法です。厚生労働省版コントロール・バンディングは、この手法をわが国で簡易的に利用できるようにウェブシステムとして開発されたが、各企業の工場現場での有効な活用法は深く浸透していない。

 そこで、実際に厚生労働省版コントロール・バンディングの実演とその結果の活用法について紹介する。

(生涯研修)

実地2単位

26

終了

11月28日(木)

14:00〜16:00

出雲市民会館

【出雲市】

過重労働と健康障害防止

塩飽 邦憲

産業保健相談員

 過重労働の健康リスクについては、主に時間軸と負担度で考えられ、循環器疾患およびメンタルヘルス不全への影響が知られている。

 日本を代表する大企業において過重労働対策が不十分であったことが明らかになり、過重労働対策の強化が大きな課題となっている。

 そこで、過重労働とその生体反応であるストレスの両側面について対策を述べる。

(生涯研修)

専門2単位

 

※当センターの研修会は日本医師会認定産業医制度における生涯研修のみの指定申請を予定しています。

※研修会当日、産業医の先生はお名前の確認できるもの(産業医手帳・受講票等)の提示をお願いいたします。

※研修会場では他のイベントと重なり駐車場が利用できないことがありますので、ご了承ください。