業務のご案内・お問い合せ地域窓口(地域産業保健センター)研修会・セミナーのご案内講師派遣窓口相談・実地相談(要予約)
メンタルヘルス対策ストレスチェック制度治療と職業生活の両立支援教材の貸出し調査研究各種利用申込み
産業保健情報物品等契約情報よくある相談関係機関等リンクメールマガジンの登録サイトポリシー

トップページ > 研修会・セミナーのご案内 > 2019年度 産業医学研修会

2019年度 産業医学研修会


研修会参加のお申込は以下の参加したい研修の番号をメモ(またはこのページをプリントアウト)してから、こちらへどうぞ。

確認の後、折り返しFAXで「研修受講票」を送付いたします。
参加費は無料です。

 
〜お知らせ〜

22年度から当センターでは産業医学研修のうち基礎研修は開催できないことになりました。

なお、生涯研修は引き続き実施しますので、これまでと同様ご利用を願います。

研修当日、産業医の先生はお名前の確認できるもの(産業医手帳・受講票等)の提示をお願いいたします。

 

2019年度産業医学研修会
  (産業医等を対象)

番号
日時
場所
研修テーマ
講師
内容
単位

33

終了
2月 8日
(土)
14:00〜16:00
朱鷺会館
【出雲市】
えっ、それってパワハラ? 春木 宥子    産業保健相談員 近年、IT化が進み人間関係の希薄など、ストレスの蓄積など、働く職場は急激な変化にさらされており、働く人の心身にも影響を与え、パワーハラスメントもそうした背景から生じる問題でもある。
 そうした中でも、パワーハラスメントの予防・解決、職場の士気や生産性、企業イメージ、コンプライアンスなど様々な面から対策方法等について解説する。
(生涯研修)
専門2単位

34

終了
2月13日
(木)
14:00〜16:00
労働会館
【松江市】
インフルエンザ等感染予防と対策 塩飽 邦憲    産業保健相談員

世界的な重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行、新型インフルエンザの流行、デング熱国内感染例の報告等により社会の感染症への注目度が高まっている。
 職場で感染症対策の目的は、@従業員が業務の中で季節的に流行しているインフルエンザや食中毒などの感染症にかからないようにする、A慢性の感染症に罹患している従業員が、業務により原疾患を悪化させないようにすること、さらに、感染症で企業の経営が脅かされないようにし、海外に従業員を派遣する際に感染症に罹患するリスクが高くなることに対する安全配慮義務、企業の社会的責任として麻しんに罹患した従業員が業務中に周囲へ感染を蔓延させることを防止するなど、多岐にわたる感染症対策が必要になる。こうした感染症対策を解説する。
 

 

(生涯研修)
専門2単位

35

終了
2月22日
(土)
14:00〜16:00
浜田ニューキャッスル
ホテル
【浜田市】
職場巡視からの改善へのアプローチ 吉積 宏治    産業保健相談員 産業医として最も重要な業務の一つである職場巡視。職場でありがちな事象について、画像、動画を見ながら、産業医として指摘するポイントとその背景について理解し、改善へのアプローチについてディスカッションしながら進めていく。 (生涯研修)
実地2単位

36

終了
3月 7日
(土)
14:00〜16:00
朱鷺会館
【出雲市】
職場巡視からの改善へのアプローチ 吉積 宏治    産業保健相談員 産業医として最も重要な業務の一つである職場巡視。職場でありがちな事象について、画像、動画を見ながら、産業医として指摘するポイントとその背景について理解し、改善へのアプローチについてディスカッションしながら進めていく。 (生涯研修)
実地2単位

37

終了
3月14日
(土)
14:00〜16:00
労働会館
【松江市】
えっ、それってパワハラ? 春木 宥子    産業保健相談員 近年、IT化が進み人間関係の希薄など、ストレスの蓄積など、働く職場は急激な変化にさらされており、働く人の心身にも影響を与え、パワーハラスメントもそうした背景から生じる問題でもある。
 そうした中でも、パワーハラスメントの予防・解決、職場の士気や生産性、企業イメージ、コンプライアンスなど様々な面から対策方法等について解説する。
(生涯研修)
専門2単位

 

※当センターの研修会は日本医師会認定産業医制度における生涯研修のみの指定申請を予定しています。

※研修会当日、産業医の先生はお名前の確認できるもの(産業医手帳・受講票等)の提示をお願いいたします。

※研修会場では他のイベントと重なり駐車場が利用できないことがありますので、ご了承ください。