業務のご案内・お問い合せ地域窓口(地域産業保健センター)研修会・セミナーのご案内講師派遣窓口相談・実地相談(要予約)
メンタルヘルス対策ストレスチェック制度治療と職業生活の両立支援教材の貸出し調査研究各種利用申込み
産業保健情報物品等契約情報よくある相談関係機関等リンクメールマガジンの登録サイトポリシー

トップページ > 研修会・セミナーのご案内 > 平成30年度 産業医学研修会

平成30年度 産業医学研修会


研修会参加のお申込は以下の参加したい研修の番号をメモ(またはこのページをプリントアウト)してから、こちらへどうぞ。

確認の後、折り返しFAXで「研修受講票」を送付いたします。
参加費は無料です。

定員は各研修とも30名です。


〜お知らせ〜

22年度から当センターでは産業医学研修のうち基礎研修は開催できないことになりました。

なお、生涯研修は引き続き実施しますので、これまでと同様ご利用を願います。

研修当日、産業医の先生はお名前の確認できるもの(産業医手帳・受講票等)の提示をお願いいたします。

 

平成30年度産業医学研修会
  (産業医等を対象)

番号 日時 場所 研修テーマ 講師 内容 単位

1
受付
終了

4月14日(土)
14:00〜16:00
松江テルサ
【松江市】
過重労働がもたらす多様な健康リスク
〜過重労働とストレス〜

塩飽 邦憲

産業保健相談員

過重労働の健康リスクについては、主に時間軸と負担度で考えられ、循環器疾患およびメンタルヘルス不全への影響が知られている。
  最近、日本を代表する大企業において過重労働対策が不十分であったことが明らかになり、過重労働対策の強化が喫緊の課題となっている。
  そこで、過重労働とその生体反応であるストレスの両側面について対策を述べる
(生涯研修)
専門2単位

2
受付

終了


4月19日(木)
14:00〜16:00

   

4月26日(木)

14:00〜16:00

※日程を変更しましたのでご注意願います。

いわみーる
【浜田市】
受動喫煙防止対策の実際 春木 宥子   産業保健相談員 職場の受動喫煙防止対策は、労働安全衛生法に基づく事業者の努力義務です。また、最近の厚生労働省研究班の報告では1年間に14,957人もの人(うち職場での受動喫煙は7,792人)が、受動喫煙が原因でがん・心疾患などにより死亡していると推計されており、受動喫煙防止は重要な課題です。
  本研修では、受動喫煙による健康への有害性、職場の受動喫煙防止対策に関する規制の現状、受動喫煙防止対策に取り組んだ事業場の事例などを紹介します。
(生涯研修)
専門2単位

3
受付

終了

4月28日(土)
13:30〜15:30
益田地域医療センター医師会病院
【益田市】
ケーススタディ メンタルヘルスケア(職場復帰)

吉積 宏治

産業保健相談員

メンタル面で不調を抱える人が休業・療養から復帰する際の注意点を、グループディスカッション形式の症例検討を通じて検討していく。
 復職の可否判断や復職後の職場での配慮や制限、導入の仕方はその後の継続的な就業に影響を及ぼす。
  産業医としての対応のポイントを解説する。
(生涯研修)
実地2単位

4

受付

終了

5月10日(木)
14:00〜16:00
出雲市民会館
【出雲市】
過重労働がもたらす多様な健康リスク
〜過重労働とストレス〜

塩飽 邦憲

産業保健相談員

過重労働の健康リスクについては、主に時間軸と負担度で考えられ、循環器疾患およびメンタルヘルス不全への影響が知られている。
  最近、日本を代表する大企業において過重労働対策が不十分であったこ
とが明らかになり、過重労働対策の強化が喫緊の課題となっている。
 そこで、過重労働とその生体反応であるストレスの両側面について対策を述べる
(生涯研修)
専門2単位

5
受付

終了



5月17日(木)
14:00〜16:00
いわみーる
【浜田市】
過重労働がもたらす多様な健康リスク
〜過重労働とストレス〜

塩飽 邦憲

産業保健相談員

過重労働の健康リスクについては、主に時間軸と負担度で考えられ、循環器疾患およびメンタルヘルス不全への影響が知られている。
 最近、日本を代表する大企業において過重労働対策が不十分であったこ
とが明らかになり、過重労働対策の強化が喫緊の課題となっている。
 そこで、過重労働とその生体反応であるストレスの両側面について対策を述べる
(生涯研修)
専門2単位
6

受付

終了

5月26日(土)
14:00〜16:00
松江テルサ
【松江市】
ケーススタディ メンタルヘルスケア(職場復帰)

吉積 宏治

産業保健相談員

メンタル面で不調を抱える人が休業・療養から復帰する際の注意点を、グループディスカッション形式の症例検討を通じて検討していく。
 復職の可否判断や復職後の職場での配慮や制限、導入の仕方はその後の継続的な就業に影響を及ぼす。
  産業医としての対応のポイントを解説する。
(生涯研修)
実地2単位

 

※当センターの研修会は日本医師会認定産業医制度における生涯研修のみの指定申請を予定しています。

※研修会当日、産業医の先生はお名前の確認できるもの(産業医手帳・受講票等)の提示をお願いいたします。

※研修会場では他のイベントと重なり駐車場が利用できないことがありますので、ご了承ください。